日本における車の歴史

Blog Templatesかつては、車の購入はキャッシュや3年程度のローンで支払うのが主流でしたが、経済状況が不安定な昨今ではそういうわけにはいきません。憧れのマイカーを手に入れたはいいけれど、買ったときと比べてずいぶん生活が変わった、家族が増えた、マイカーが古くなった、と買い替えを検討しなければならない時期がきます。しかし、3年程度のローンでは払いきれない、頭金が貯まらない、といった悩みを抱えて、なかなか買い替えに踏み切れないこともあります。
最近では、経済状況に合わせてか、長いスパンでローンを組むことが増えてきています。5年、あるいは7年というプランのローンもあります。これを利用すれば、総額よりも月々の支払いが苦しいと感じる人でも買い替えが楽になります。また、3年で払いきっていた時代のように、なにもローンを払いきるまで次の車に乗り換えることができないわけではありません。ディーラーで今のマイカーを下取りしてもらうこともでき、下取り金額で現在のローンを清算できれば次の買い替えに臨むことができます。大事に乗って高額で下取りしてもらうことができれば、ローンを清算した残りの金額を次の頭金に回す、という考え方もできます。携帯電話やスマホを買い換えるような感覚、というと大げさですが、ローンが残っているからとか、そういう心配に囚われすぎずに買い替えを考えてもよいのです。次の買い替えを楽にするために大事に乗る、という考えも、安全運転にもつながるのでたいへんよいことですし、一石二鳥と考えることもできます。また、買い替えをするかしまいか悩んでいるときは、今のマイカーの維持も考えていることが多いですので、本来車検にまわす予定だった費用を頭金として、買い替えを考えることもできます。
経済が不安定な状況でも、意外と発売からまもないものが走っているのを多く見かけると思います。こうした時代には時代なりの買い方があるということです。どうしても買い替えが必要な場合は、ディーラーなどに相談してみることをおすすめします。今の時代、状況などに適したやり方を提案してくれることでしょう。