車の分類

Blog Templates車は見た目の形や、エンジンの排気量などによって分類されています。
形は乗り心地や使い勝手に大きく影響してきますが、購入の決め手となるのはやはり購入者の好みになります。
セダンと言われる形は、エンジンルーム、住居スペース、トランクルームの3つで構成されていて3BOXとも呼ばれています。セダンは殆どが4ドアで構成されていて、ゆったりとした室内が特徴で、室内装備も充実していて、安全設備やデザインも優れていて乗員が快適に過ごせるようになっています。
クーペは重心の低いデザインで、風の抵抗を最小限に抑えられているのが特徴で、スポーツタイプに最適なデザインとなっています。セダンより住居空間が狭く、2シーターのモデルが数多くあります。トランクルームは狭く、あまり多くの荷物は積み込めません。
ステーションワゴンは、住居スペースと収納スペースを一つの空間で共有していて、荷物がたっぷり積めるようになっています。また運転席が少し高めの位置にあるので、運転もしやすいのが特徴です。
SUVは車高が高く、4輪駆動で悪路走行にとても強いのが魅力です。クッションが固めになっているので、以前は街乗りには不向きと言われていましたが、最近のSUVは乗り心地と装備も都市型に改良されています。
ミニバンは住居スペースと実用性を兼ね備えた使い勝手が良く、軽自動車から3ナンバーまで、ボディサイズに関わらずミニバンと呼ばれています。限られたスペースのなかで、ゆったりと座れるように工夫されています。
ピックアップは、商業用に多く使われていてい屋根のない荷台付きトラックの事です。屋根が無い分、ミニバンやワゴンに詰めない背の高い荷物を運ぶ事も可能になります。住居性はあまり重視されていませんが、レジャーから商業用にと幅広く活用できます。
オープンは屋根を持たないスタイルで、風を切って走行するので解放感があります。フルオープンと、屋根の一部だけを取り外せるタルガトップがあります。